Sudden Attack Play Blog

 
1
2
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PreSeNtati0N

PreSeNtati0N活動停止。

スポンサーサイト

DHARMAPOINT DharmaTacticalHeadset DRTCHD01BK

DHARMAPOINT DharmaTacticalHeadset DRTCHD01BK
形式 密閉型
ドライバーユニット φ50mmダイナミック型ドライバユニット
インピーダンス 24Ω ± 15%
感度 97dB. ± 3dB
定格入力 1mw
許容入力 1000mW
再生周波数帯域 10Hz―20KHz
マイクロフォン 取り外し可能
タイプ コンデンサータイプ
インピーダンス 2.2KΩ以下
正面周波数特性 30Hz – 16KHz
感度 -64dB±3dB AT 1 KHz (0 dB=1V/u bar)RL:2.2k
重量 約260g(本体のみ)
ヘッドフォンケーブル 3.5φステレオミニプラグ:長さ約3m
ヘッドセットケーブル 3.5φステレオミニプラグ:長さ約3m プラグ×2(マイク,スピーカ)

・ゲーミングには珍しい密閉型による優れた遮音能力
・素直な音響特性
・マイクミュートスイッチ付きインラインボリュームコントローラ
・マイクの取り外しができ、通常のヘッドフォンとしても使用可能
・コンパクトに折りたたみ可能

オススメ


Majestouch Tenkeyless

ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・茶軸・かなあり FKBN91M/JB
ダイヤテック Majestouch Tenkeyless Nキーロールオーバー・黒軸・かななし FKBN91ML/NB
テンキーレスタイプなので、マウスと衝突する事もなく低センシの方向け
キーのタッチ感も軽く東プレの二万円台のキーボードと比べても遜色なし。





SteelSeries S&S Solo

SteelSeries S&S Solo
超有名CS1.6プレイヤーとの共同開発。
有名Counter Strikeプレイヤーの「HeatoN」とFPSクラン「SK Gaming」の協力の下に
7ヶ月間掛けて開発されたマウスパッド
2007年1月にリニューアルを発表
変更内容は、2004年以降に登場したマウステクノロジーとの互換性を向上させた事と、マウスパッドの表面にセルロース系(繊維)のコーティングをした事で耐久性を更に向上させたこと。
これによりLogicoolのレーザーマウスG5・G7も動作するようになったようだ。
このリニューアルバージョンもSK Gamingの協力の下に開発された。

IE3.0&Hyperglideとの相性がバツグンのマウスパッドです。



SteelSeries Qck heavy

SteelSeries Qck heavy
プロゲーマーが開発に協力しており、多くのプロゲーマーが使用、信頼もバツグン。
耐久性も素晴らしいため、一度買ったら長期、あるいは買い替えの必要も無く使えるのでオススメ。

正確なAIMをするにあたって重要なのは、ただ滑れば良いという訳ではないこと。
このマウスパッドが持つ適度な抵抗感こそが、無用なブレを押さえ狙い通りの位置をとらえるための大きな利点になるのは布パッドユーザーなら納得してもらえるのではないだろうか。

よく言われている初動の重さなんかについても、あくまでプラ系よりは力が必要なだけで
決して微調整の邪魔をするという意味ではない。

プラスチック系からの移行を考えている人はできるだけ力まずに自然に操作してもらえば
先ほど挙げた布パッドの利点を実感できるのではないか。


Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0

世界的に支持率の高いマウスMicrosoft IntelliMouse Explorer 3.0

スペック:光学式(400dpi)、5ボタン(左サイドに2つ)、チルトなしホイール
サイズ実測参考値:幅69×奥行き130×高さ40mm(形状:右手用)
ポインタの動き:光沢のある木製デスクで問題なし。
ボタン:左右軽め、中央軽め、サイド軽め、ホイール回転:固め。

サイズは大きいが個人的に手にフィットする形状で良い。
左右クリックの感触は軽めで押した感触もしっかりしている。
(同社のIntelliMouse Opticalのクリック感をやや軽くした感じ)
他の方のレビューにもあるとおり、サイドボタンは遊びがあり、
ホイールクリック(押しやすい)も比較的それに近い感触。個人的には慣れで解決。

海外のプロゲーマーにも多数の使用者がいるマウス
持ちやすさを追求したデザインで多くの支持者がいる。



IE3.0 X-750F

・注文していたIE3.0が届きましたので、X-750Fとの比較でもしてみようと思います。
IE3.0
・左 A4TECH X-750F
・右 Intellimouse Explorer 3.0
比べてみると想像以上にデカいです…。
Hyperglideのソールを装着してSA起動、ウェアハウスでセンシの調整をした所
水平にaimすると波打つ現象が\(^o^)/
以前どこかで似たような症状の報告を目にしていたのですが、まさか自分にも起こるとは…
まぁ、些細な事は気にしないでプレイ
思ったより手にフィットする感じで、使用感は中々。
慣れてないせいか、少し重く感じますねw

・一つ気になったのがこれ
IE3.0 2
X-750FはケーブルがIE3.0より細いんです。
ローセンシでマウス振り回しても、抵抗が少なく気にならないのに対して
IE3.0は若干ケーブルが邪魔に感じます。

クリックした感じは双方のマウス共々、良好でした。
IE3.0のホイールのガリガリは最初気になったけど、やってるうちにクセになりそうw

・X-750Fに付いている三連射ボタンですが、使い物にならないです。
連射も遅いし、自分でバーストなり、タップ撃ちしてた方が遥かにマシ。
トラッキング性能等は現存するゲーミングマウス類の中でも高水準なので
割と良いマウスらしいです。
物好きな方は、使ってみては?

2008

新年明けましておめでとうございます
と言っても、もう三日だったり\(^o^)/

最近体調悪く、風邪が長引いてます。 まぁ朝まで飲みに行ったりしてたら、そら直らんわなぁ
SAでもクラン戦勝てないし、クランの空気も少なからず悪い気がします。
勝ち負けを意識しすぎず、まずは自分の及第点を見直そうかな。
特に自分の場合、調子の波がひどいし、もっと安定感が欲しい
波が荒い時点で下手糞なのは、解りきってるんですけども…

自分の腕もいつまで経っても上達せんので、基礎から見直そうと
マウスの持ち方、手首支点から肘を支点にaimしてみたり。(これが意外としっくりきた!)

あと評判のいいIE3.0を注文してみた。
A4techのX-750Fを使用してるんですが、これと言って不満もなく良いマウスなんだけど
皆、IE3.0、IE3.0って言うから浮気してみようと思う。


SuddenAttack Profile

-SchweiN

Author: -SchweiN
Clan:SlowpaiN
Weapon:AK-47
Secondary:D.Eagle
Sensitivity:6
Crosshair:1
Resolution:1024x768 16bit

OS:WindowsXP SP3
CPU:Intel Core i7-860
RAM:2GB x 2
VGA:GeForce GTS 250 (1GB)
M/B:MSI P55-GD65
Sound:X-FI Xtreme Gamer
Mouse:IntelliMouse Explorer 3.0
Pad:Steelpad S&S solo
Keyboard:Majestouch Tenkeyless
Headset:DRTCHD01BK
Monitor:iiyama HF703UG

->mixi
->IRC Friend系 #Real

Comment
データ取得中...
 
 
 
SuddenAttack Movie
FragMovie So.1st|SchweiN FragMovie-SlowpaiN- testMovie warehouse
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。